テキストサイズ 小 |中 |大 |




TOP



蔵書検索・新着本

まちとしょテラソ(当館)蔵書検索システム : Search the Catalog

まちとしょテラソ約10万冊の蔵書から本や雑誌、視聴覚資料などを検索できます。


簡易蔵書検索
詳細蔵書検索
こども用蔵書検索
英語版蔵書検索
携帯版蔵書検索
スマートフォン版蔵書検索

新着本紹介

新しく購入したり、寄贈いただいた新着本を紹介しています。

テラソ百選:今月の企画棚

毎月テーマに沿った本を集めて、テラソ入り口正面の棚に置いています。

継続購読新聞一覧

毎日新聞
読売新聞
朝日新聞
日刊スポーツ
信濃毎日新聞
産業経済新聞
日本経済新聞
日本農業新聞
赤旗
須坂新聞
北信ローカル
週刊長野
福島民友

継続購読雑誌一覧

dancyu プレジデント社
おとなの週末 講談社
旅の手帖 交通新聞社
きょうの健康 NHK出版
きょうの料理 NHK出版
きょうの園芸 NHK出版
MORE 集英社
Domani 小学館
STORY 光文社
GOETHE 幻冬社
Casa マガジンハウス 
Pen CCCメディア
住む。 農山漁村文化協会
LDK 晋遊舎
すみごこち LiVES別冊
じゃらん リクルート
サライ 小学館
東京人 都市出版
暮しの手帖 暮らしの手帖社
婦人公論 中央公論新社
週刊ダイヤモンド ダイヤモンド社
ミセス 文化出版局
すてきにハンドメイド NHK出版
オレンジぺージ オレンジページ
山と渓谷 山と渓谷社
ランドネ エイ出版社
TRENDY 日経BPマーケティング
ソトコト 木楽社
週刊Health 日経BPマーケティング
Tarzan マガジンハウス
文藝春秋 文藝春秋
オール讀物 文藝春秋
本の雑誌 本の雑誌社
世界 岩波書店
KURA 
Komachi
この本読んで!
MOE
kodomoe
Babymo
Newton
National Geographic
Number
和楽
芸術新潮
ダ・ヴィンチ



データベース

自館作成データベース : In-house databases

小布施正倉

暮らしに歴史と文化が今なお息づくまち、高井鴻山が土台を築いた芸術を愛する風土は、今も小布施人によって連綿と受け継がれています。小布施正倉は、小布施町に点在する文化遺産を検索・一覧できます。

文化遺産オンライン

MLA連携によりおぶせミュージアム中島千波館収蔵作品170点、高井鴻山記念館収蔵作品59点をデータベース化し、文化遺産オンラインに登録しました。
MLAとは、M(Museum),L(Library),A(Archives)のこと。

小布施人百選

人づくりや町づくりに役に立てるという観点から、小布施の人物を丹念に取材し、考え方と実績と課題、将来ビジョンを「人物誌」としてアーカイブすることを企画しています。その方法は、オーラルヒストリーの手法で映像と書物にまとめます。まちづくりの思いと知恵を、当の人物が語り、生きる知恵を後世に継承すると共にデジタル資料として整理・保管し、広く末永く活用ができるアーカイブを築き上げます。題して「小布施人百選」としました。

小布施ちずぶらり

まちとしょテラソ NPO法人連想出版 ATR-Promotions の開発。イラストマップや18世紀小布施の古地図の上に現在地を表示し、小布施町のおすすめスポットを見たり、Google Mapsと切り替えて見ることができます。

デジタルアーカイブ集

まちとしょテラソの建築の様子がご覧いただけます。

外部作成データベース
長野県内図書館横断検索サービス
信州のとしょかんマップ
長野県郷土資料総合目録・新聞・雑誌総合目録
信州地域史料アーカイブ
市町村史誌目次データベース
信州デジくら
Shinshu Book Search(カーリル)

有料データベース
信濃毎日新聞データベースを調査学習用パソコン(Mac)にてご利用いただけます。印刷(有料、本館の複写サービスに準拠)も可能です。

利用案内

利用案内 Use our library

まちとしょテラソの利用方法をお知らせしています。

施設案内

まちとしょテラソの館内施設の情報です。

スケジュール

まちとしょテラソのカレンダーです。

iMac

館内のiMac利用についてのご案内です。

まちとしょテラソ写真集

まちとしょテラソ館内の様子をご覧いだけます。

所在地(アクセス)

交通アクセス : Library location

まちとしょテラソへの地図や順路をお知らせしています。

企画(イベント)

信州・小布施まちじゅう図書館

まちとしょテラソは、「まちじゅう図書館」(オブセオープンライブラリー)という構想を掲げています。「まちじゅう図書館」とは、図書館はもちろん、ご自宅の倉庫などに眠っている大切な本を、だれでも手に届くところに出していただき、本を通して交流していただくというものです。

ブックスタート

ブックスタートは、すべての赤ちゃんのまわりで楽しくあたたかいひとときがたもたれることを願い、一人ひとりの赤ちゃんに絵本を開く楽しい体験といっしょに、絵本を手渡す活動です。

映画上映会

多目的室に設置している150インチのスクリーンに映し出しお楽しみいただきます。

お肴謡伝承活性化プラン

松代発祥といわれ、北信各地で盛んとなった「北信流」ことお肴謡。これは宴席の中締めに、お祝いや感謝の気持ちを表して、小謡を肴に盃を差し上げる儀式です。
お肴謡は小布施人の暮らしに根ざした伝統であり、盃事に込められた「思いやり」や「感謝」など、先人たちの思いと知恵の結晶です。人と人をつなぎ、世代を超えた絆を育てることができる、暮らしの文化です。
この文化的財産を学び、調査研究し、体験しながら、子や孫へと伝えていくために、「おぶせ・お肴謡伝承活性化プラン」が動き出しています。伝統芸能を愛し親しんできた郷土の先人に学び、小布施の魅力とこのまちの、そして日本という国の将来像を考える、大きな可能性を秘めた文化プロジェクトです。

テラソ 美術部

まちとしょテラソのスタッフで、テキスタイルアーティストの部長と一緒にものづくり! テーマは毎月変わります。活動は、毎週日曜日。いつでも自由に参加できる部活動です。

著者×まちとしょテラソ

作家、映画監督、老舗の社長・・・作品にて表現された方々とセミナー形式で話し合う場で
す。

運営プロジェクト

年間の行事を考えたり、運営に率先して参加していただく町民主体のプロジェクト。まちとしょテラソでは、町民の皆さんと一緒に運営を考え、実行しています。竣工式から様々なイベントプランを実行し、現在もみんなの図書館をみんなで演出しています。

植栽プロジェクト

まちとしょテラソの周りの植栽について、考える町民主体のプロジェクト。

テラソくん

まちとしょテラソ公式キャラクター「テラソくん」
正式名称:テラソロッソエスタマニーニャ 7世 行動先行型探求霊獣(Positive type sacred animal)。
かんたんに言うと、考えるよりも先にとりあえず行動してしまうタイプ。みんなの中にもいるでしょ、そういう人。
おっちょこちょいで失敗も多いけど、なにより「失敗」は「成功」のお父さんだから、テラソくんのまわりにはいつも「発見」やたのしい「ひらめき」にあふれています。

おはなしの会

お父さんによる読み聞かせ会

現役のお父さんはもちろん、これからお父さんになる方、昔読んであげたな~というおじいちゃん、まだまだ若いお兄さんが、楽しくダイナミックに繰り広げる読み聞かせ会です。

おはなし会

まちとしょテラソ・おはなしの会の活動内容やスケジュールのお知らせです。

沿革

沿革:Library history

設計者・アドバイザー

まちとしょテラソの設計者やアドバイザーをご紹介しています。

まちとしょテラソ 受賞歴


まちとしょテラソ 建設までの流れ


小布施町立図書館 Wikivisually

リンク集等

HOME > 企画棚(テラソ百選)

テラソ百選:今月の企画棚

10月 「音」を読む

今月の企画棚は「『音』を読む」ということで
音楽関連の本を集めてみました。



 9月終わるの早い、10月です。
台風がすごい来るのでなんだか気分までどんよりしますね
そんな列島を襲う暴風雨のせいで不安な音が続く秋の夜長ですが
なんとその悩みも読書で解決可能!素敵な音楽が伝わる本を読みましょう!


ということで「音」を読む、です。





テラソ百選:30年度の企画棚

4月 「さくら」を読む

今月の企画棚は「『さくら』を読む」ということで
さくらに関する本を集めてみました。



はるうらら。4月です。

すごいあったかいですね
気温はさておきまだ桜前線は到着してない模様。
今から楽しみですね。


ということで「さくら」を読むです。





5月 「ノンフィクション」を読む

今月の企画棚は「『ノンフィクション』を読む」ということで
ノンフィクションに関する本を集めてみました。



もうふつうにあつい。5月です。

事実は小説より奇なり
実際に起こった出来事や、それをモチーフにした本を
集めてみました。


ということで「ノンフィクション」を読むです。




6月 「草花」を読む

今月の企画棚は「『草花』を読む」ということで
植物に関する本を集めてみました。



湿っぽくなってきました。6月です。

新緑が眩しい季節です。
突然の雨には困りものですが
それでも外に出てみれば
新しい発見があるかもしれません。


ということで「草花」を読むです。




7月 「泣く」を読む

今月の企画棚は「『泣く』を読む」ということで
感動する話の本を集めてみました。



まさかの梅雨明け。7月です。


このごろ涙腺がゆるゆるでちょっとしたことでも
涙ぐんでしまい困っています。最近だとツキノワグマ
の親子のドキュメンタリーで涙ぐむ私、しかし何で心動かされたか
すでに覚えていないあたり、やはり年のせいなのか。

ということで「泣く」を読む、です。




8月 「謎」を読む

今月の企画棚は「『謎』を読む」ということで
ミステリーの本を集めてみました。



 酷暑、8月です。
何かすれば汗だくになり、何もしなくても汗だくになる
ならばせっかくなので脳にも汗をかかせてみませんか?


ということで「謎」を読む、です。




9月 「勝負」を読む

今月の企画棚は「『勝負』を読む」ということで
戦いの本を集めてみました。



 残暑、9月です。
暑いんだか寒いんだかで風邪を引きそうです。
しかし勝負の世界はいつでも熱いです。
映像も良いですが手に汗握る攻防戦を書籍で体験してみませんか?



ということで「勝負」を読む、です。






2017年度の百選

4月 「希望を読む」

今月の企画棚は「希望を読む」ということで、希望に関する本を集めてみました。



4月ですね。新しい希望の季節です。

新しい環境や新しい出会いを期待してワクワクだけど不安もいっぱい

なんて人生を劇的に変えるものなんてそうそう無いのでほぼ杞憂です。

ならば本を読んで希望を補おう

ということで「希望を読む」です。


5月 「珈琲・紅茶」を読む

今月の企画棚は「『珈琲・紅茶』を読む」ということで、珈琲・紅茶、
およびそれらが好きな主人公が活躍するに本を集めてみました。



5月ですね。あたらしい環境に慣れてきて気が緩む季節です。

そんな時には珈琲(紅茶)をどうぞ、どちらにも含まれるカフェインが

眠気覚ましや集中力を高める手助けをしてくれる事でしょう(取りすぎには注意)

ということで「『珈琲・紅茶』を読む」です。

ちなみに私、ブラックは飲めません。


6月 「結婚」を読む

今月の企画棚は「『結婚』を読む」ということで
結婚に関する本を集めてみました。



6月ですね。6月と結婚と言えばジューンブライドです。

なぜ6月に挙げる結婚式が特別なのか調べてみたら

たいした理由では無かったので割愛です。

ということで「『結婚』を読む」です。



7月 「ダイエット」を読む

今月の企画棚は「『ダイエット』を読む」ということで
ダイエットに関する本を集めてみました。



雨量がすごい、7月ですね。

腹の肉が気になってきました。別に海へ行ってアバンチュール
する予定は無いのですがそれでもこのだらしない贅肉はなんとかしたいものです。

ということで「『ダイエット』を読む」です。

最近贅肉が気になってきた方々、夏に向けて本を読んで効率よくダイエットしてみませんか?
※(効能には個人差があります)



8月 「デザート」を読む

今月の企画棚は「『デザート』を読む」ということで
デザートに関する本を集めてみました。



雨量がすごい、8月ですね。

腹の肉が気になってきました。別に海へ行ってアバンチュール
する予定は無いのですがそれでもこのだらしない贅肉はなんとかしたいものです。

でもやっぱりそんなの関係ないやということで「『デザート』を読む」です。

成長期・むくみ・冬への蓄え、を合言葉にいざ魅惑の世界へ。
大丈夫、本を読むだけならカロリーはゼロです。



9月 「月」を読む

今月の企画棚は「『月』を読む」ということで
月に関する本を集めてみました。



なんだかんだで夏が終わります、9月です。

蝉の声も減り、秋虫の声になってきましたね。
そんな季節の移ろいを感じつつ、今から紅葉が
楽しみでもあります。

全然関係無いですが、西洋では月が人間を狂気に引きずり込む
と信じられているそうですよ、コワイですね!

ということで「月を読む」です。

10月 「絵」を読む

今月の企画棚は「『絵』を読む」ということで
絵画に関する本を集めてみました。



急に寒くなりましたね、10月です。

 よく〇〇の秋と言いいますが、みなさんはどうでしょうか?
私は最近めっきり食欲の秋しか実施していません。
なんとか生産性のある秋にしたいなと思うのですが、結局
生産されるのは後悔(脂肪)だけという結果に乾いた笑いを上げつつ
また今年も食欲の秋に終止符を打てずに
秋の味覚に舌鼓を打つのだろうと思いました。

ということで「絵を読む」です。

読書の秋と芸術の秋がいっぺんに楽しめます、お得


11月 「市川健夫」を読む

今月の企画棚は「『市川健夫』を読む」ということで
本人に関する本を集めてみました。



紅葉が鮮やかですね、11月です。

 今月の企画棚は2016年12月に逝去された、
長野県を代表する地理学者市川健夫さんの本を集めました。

ということで「市川健夫」を読むです。


12月 「クリスマス」を読む

今月の企画棚は「『クリスマス』を読む」ということで
クリスマスに関する本を集めてみました。



しゃんしゃんしゃーん、12月ですね。

 物心着く頃からクリスマスプレゼントは5漱石(野口)
以内と決まっていたのでサンタクロースの存在は幼少から
信じていませんでした。

ということで「クリスマス」を読むです。



1月 「あたたまる」を読む

今月の企画棚は「『あたたまる』を読む」ということで
(心が)あったかくなる本を集めてみました。

あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします!


うーん、寒い。1月ですね。

暖をとるだけがあたたかくなる方法ではありません

本を読んで心があたたたかくなれば
自然と体もあたたたたかくなるはずです。
この寒い冬はぜひ読書で心も体もあたたたたたくなりましょう!

ということで「あたたまる」を読むです。



2月 「あきらめない」を読む

今月の企画棚は「『あきらめない』を読む」ということで
チャレンジ精神溢れる本を集めてみました。



すっごい、寒い。2月ですね。


あきらめたわけではありません、小休憩が長いだけ。



ということで「あきらめない」を読むです。




3月 「卒業」を読む

今月の企画棚は「『卒業』を読む」ということで
卒業に関する本を集めてみました。



すごい早い。もう3月です。

別れの季節ですね。卒業、旅立ち、異動、決別。
とりあえずお腹の脂肪を卒業させるのが今後の目標です。


ということで「卒業」を読むです。



2016年度の百選

4月 「犬vs猫を読む」

今月の企画棚は「犬vs猫を読む」ということで、犬猫関係の本を集めてみました。



 犬派か猫派かという議論は絶えないですね。
でも犬派の貴方が猫の本、猫派の貴方が犬の本を読めば何かが
変わるかもしれません。もちろん好きな方の本を読んでもOKです。


 この機会に推しアニマルの新しい一面や魅力を再発見してみてはどうでしょうか。

5月 「恋を読む」

今月の企画棚は「恋を読む」ということで、恋愛の本を集めてみました。



 4月がいつの間にか終わり、もう5月ですね、時の流れは早いです。
出会いの季節春は気象学では5月までですが、天文学では春分〜夏至まで春なので
6月の半ばまで春です。6月の半ばまでは春です。


 6月の半ばまで春が必要な方も、必要でない方も、この機会に恋を読んでみてはいかがでしょうか。




6月 「図書館を読む」

今月の企画棚は「図書館を読む」ということで、図書館の本を集めてみました。



蒸し暑い日が続きますね、夏の到来を感じさせます。
ということで図書館の本を集めてみました。本が整然と並ぶ図書館は
なんとなく涼しいイメージがあります。
 ジメジメした空気も本を読めば解消するかもしれません、
ぜひ手にとって読んでみてください!




7月 「海と山を読む」

今月の企画棚は「海と山を読む」ということで、大自然を感じる本を集めてみました。



もうすっかり夏ですね。
日がのぼっている時間が長くなり活動時間が長くなる季節。
絶好のレジャーシーズンですがそのレジャーのお供に、休憩時間に、そもそもレジャーに行かない人に。


ぜひ手にとって読んでみてください!



8月 「いろいろなマナーを読む」

今月の企画棚は「いろいろなマナーを読む」ということで、マナーに関する本を集めてみました。



今年は中々の猛暑ですね、そんな過酷な状況の中で発揮すると一目置かれるのが
マナーというもの。


ということで今回はマナー関係の本を集めてみました。


ここぞという時、問われるのマナーです。フィンガーボールの水は飲んではいけないのです。
マナーの再確認、新たな発見があるかもしれません。
ぜひ手にとって読んでみてください!




9月 「花を読む」

今月の企画棚は「花を読む」ということで、花に関する本を集めてみました。



 いつのまにか9月ですね。残暑はもう少し続きそうです。


ということで今回は「花」関係の本を集めてみました。


 これからすごしやすい気候に移り変わっていくと思います。
そうすると本も読みやすい、庭にも出やすい季節になるのではないでしょうか。
ぜひ手にとって読んでみてください!



10月 「夢を読む」

今月の企画棚は「夢を読む」ということで、夢に関する本を集めてみました。



もう10月ですね。日も暮れるのが早く、まさに釣瓶落しのようです。


ということで今回は「夢」関係の本を集めてみました。


 夢を語るほど若くなく、かといってそれを捨ててしまえるほど老けてもいない。
そんな難しい年頃になってきました。
なんだか悲しくなってきたので本でも読みます!


みなさんもぜひ手にとって読んでみてください!

11月 「家族を読む」

今月の企画棚は「家族を読む」ということで、家族に関する本を集めてみました。



11月ですね。外の気温がめっきり寒くなってきました。


ということで今回は「家族」関係の本を集めてみました。


 家族は最小のコミュニティです。大切にしたいですね!


みなさんもぜひ手にとって読んでみてください!

2月 「colorを読む」

今月の企画棚は「colorを読む」ということで、色に関する本を集めてみました。



2月ですね。寒すぎて冬本番はこれからという事実を直視できません。


ということで今回は「color」関係の本を集めてみました。


色どり寂しい冬の季節、本で様々な色を夢想してみませんか。


みなさんもぜひ手にとって読んでみてください!

3月 「いつか読もうと思っていたあの名作を読む」

今月の企画棚は「いつか読もうと思っていたあの名作を読む」ということで、往年の名作を集めてみました。



3月ですね。すっかり春めいて春眠が暁を覚えなくなってまいりました。


ということで今回は「いつか読もうと思っていたあの名作を読む」です。


名作なんていつでも読める、なら話題の本を読むべきだ…


でもそのいつかっていつ?


今さ!


この機会に名作に触れてみてはいかがでしょうか。


2015年度のテラソ百選

4月 「北斎と善光寺を読む」

今月の企画棚は「北斎と善光寺読む」ということで、北斎と善光寺の2テーマで本を集めてみました。

 4月4日には北斎館がリニューアルオープン、5日には善光寺が御開帳します。

 それに合わせて、図書館では北斎と善光寺の本を集めてみました。
二つのテーマはコーナーで分かれていますので
ぜひこの機会に身近な文化に触れてみてはいかがでしょうか?




5月 「絵本を読む」

今月の企画棚は「絵本を読む」ということで、絵本をテーマにおおざっぱに本を集めてみました。



 スタッフが独断と偏見で絵本を選んでみました。
 絵本は童心に帰らさせてくれるとともに
 子供の頃は気づかなかった奥深さを感じさせてくれます。


 絵本なんて子供が読むもの、なんて思っている方は
 ぜひこの機会に絵本に触れてみてはいかがでしょう?




IMG_8393.JPG

6月 「世界遺産を読む」

今月の企画棚は「世界遺産を読む」ということで、世界遺産をテーマに本を集めてみました。



 今現在、日本では14件の文化遺産、4件の自然遺産が登録されています。
 さらに「明治日本の産業革命遺産」が内定しており、含めると19件の世界遺産が登録されています。


 この機会に人類が共有すべき「顕著な普遍的価値」を、本を通じて触れてみてはいかがでしょうか?




IMG_6796.JPG

7月 「戦争を読む」

今月の企画棚は「戦争を読む」ということで、第二次世界大戦をテーマに本を集めてみました。



 8月15日で戦後70年の節目を迎えます。


 戦争を経験した人が少なくなってきましたが、それを知ることが出来るのが本です。


 この機会に本を通じて戦争と向き合ってみてはいかがでしょうか?




IMG_8661.JPG

8月 「短編を読む」

今月の企画棚は「短編を読む」ということで、短編をテーマに本を集めてみました。



 起承転結のわかりやすい短編は、それだけで読後の余韻が爽快。
 パッと読めて、パッと止められるのも魅力の1つです。
 この夏は気だるいに暑さにぴったりな短編を読んでみてはいかがでしょうか?




IMG_8729.JPG

9月 「上田市・真田氏を読む」

今月の企画棚は「上田市・真田氏を読む」ということで、上田市と真田氏をテーマに本を集めてみました。



 来年の1月から始まるNHK大河ドラマ『真田丸』
 監督「三谷幸喜」で幸村役が「堺雅人」今からわくわくが止まりませんね!


 そんなことで真田丸に先がけ、真田氏とそのゆかりの地、上田市関係の本を集めてみました。
 ドラマが始まる前の予習・復習として読んでみてはいかがでしょうか?




IMG_0665.JPG

10月 「酒を読む」

今月の企画棚は「酒を読む」ということで、お酒をテーマに本を集めてみました。



 日本食がユネスコ無形文化財に登録されたことですし。
 和食と切っても切れない存在である日本酒も世界に一層広まっていくでしょう。
 そんなことで今回はお酒(洋酒含む)に関する本を集めてみました。


 飲酒は20歳から、休肝日などなにかと制限の多いお酒ですが読書に関しては
 年齢制限も体をいたわる必要もありません、秋の夜長のお供にどうぞ。




IMG_8934.JPG

11月 「映画化された本を読む」

今月の企画棚は「映画化された本を読む」ということで、映画の原作本をテーマに本を集めてみました。



 往々にして書籍原作の映画は登場人物の心情や情景描写などが、削られることが多いです。
 より深く作品を楽しむ為に原作本を読んでみてはいかがでしょうか
 お気に入りの映画作品の新たな発見があるかもしれませんよ。




IMG_9106.JPG

1月 「雪を読む」

今月の企画棚は「雪を読む」ということで、雪をテーマに本を集めてみました。



 あけましておめでとうございます。今年もテラソをよろしくお願いします。


 暖冬とはいえ、寒いものは寒い。雪こそまだちらほらとしか見ませんが
 本格的な冬の到来を感じさせる気温になってきました。


 そんな季節にあわせ、今回は雪の本を集めてみました。
 炬燵に入りながら雪に関する本を読んで冬を感じてみませんか。


 さらに今年も恒例の「本の福袋」も開催中です。借りていく本を
 スタッフのチョイスにまかせてみてはどうでしょうか?
 あわせてご利用下さい。




IMG_9185.JPGIMG_9180.JPG









テラソ百選:これまでの百選

3月 「北陸を読む」

今月の企画棚は「北陸を読む」ということで、北陸に関係する本を3つのテーマに分けてを集めてみました。

 ついに長野〜金沢間の新幹線が開通しますね。金沢まで「かがやき」でも「はくたか」でも1時間とちょっとで着けるようになります。

 それに合わせ、今回は北陸関係の本を
①北陸(富山・石川)にゆかりのある作家の作品
②北陸が舞台になっている小説
③北陸の名産・文化を知る
の3つのテーマで集めてみました。
この機会に北陸のことをもっと深く知ってみてはいかがでしょうか?







2月 「かわいそうな本たち」

今月の企画棚は「かわいそうな本たち」ということで、過去5年間一度も借りられなかった本を集めてみました。

 早いものでもう2月になりました、お正月が昨日のことのようです。
 図書館も図書を電算化して5年がたちます、その中で電算化されてから一度も借りられなかった「かわいそうな本」を集めてみました。聞き馴染みの無いタイトルが並んでいると思いますが、本の内容を楽しむとともに、借りられなかった理由を探してみるのもいいかもしれません。







1月 「読本来福〜本を読めば福が来る〜」

今月の企画棚は「読本来福〜本を読めば福が来る〜」ということで、いわゆる「本の福袋」を用意しました。

 あけましておめでとうございます。今年もテラソは年末年始開館中です。
 作家で読む方、表紙で読む方、本の読み方は人それぞれですが、年明け最初は普段借りないジャンルの本を選んでみてはいかかでしょうか?





12月 「閉架を読む」

今月の企画棚は「閉架を読む」ということで、書庫の本を集めました。

 今年も残すところあと僅かになってきましたね。暖かい炬燵からなかなか出れない季節になって参りました。
 今月のテラソ百選は普段あまり表に出てこない、書庫にある本を職員がセレクトしてみました。
 なつかしのあの本やこの本があるかもしれません、独特な古い本の香りに包まれながら、年末を過ごしてみてはいかがでしょうか?





10月 「秋の旬を読む」

今月の企画棚は「秋の旬を読む」ということで、秋の食べ物関係を集めました。

 朝肌寒さを感じてきました、10月ですね。早いものはもう紅葉が始まり秋の訪れを感じます。
 秋といえば食欲の秋、なんて方も多いのではないでしょうか。そんな旬の食材が出てくる本を集めてみました。ついつい食べ過ぎてしまいがちなこの季節、想像の中で食べるならカロリーはゼロです。
 普通なら食欲の秋!な方も、今年は読書の秋にチャレンジしてみませんか?





9月 「江戸川乱歩賞を読む」

今月の企画棚は「江戸川乱歩賞を読む」ということで、江戸川乱歩賞を集めました。

 残暑が厳しい9月になりました。日が落ちるのもだんだん早くなり、夏の終わりと秋の到来を感じさせますね。
 江戸川乱歩賞といえば推理作家の登竜門的な位置付けの賞ですね。ちなみに今回の第60回江戸川乱歩賞は下村敦史さんの「無縁の常闇に嘘は香る」でした。
 秋の足音を感じる今日この頃、珠玉の推理小説を読んでみてはいかがでしょうか?





8月 「怪談を読む」

今月の企画棚は「怪談を読む」ということで、背筋が凍るホラーや、コミカルな妖怪が出てくる本を集めました。

 夏も本番8月です。寝苦しい夜が続きますが、そんな時こそ、怪談で肝を冷やしてみてはいかがですか?
 オススメは「怪談えほんシリーズ」です。さわやかに背筋を凍らせる「いるのいないの」ゾっとして、ぞっとしない話の「悪い本」など、絵本ならではの読みやすさで手軽に涼がとれます。(お子様に読み聞かせる場合、一度読んでみてからの読み聞かせを推奨します)


7月 「星を読む」

今月の企画棚は「星を読む」ということで、星座の本や、星がキーワードとなっている本を集めました。

 7月といえば七夕です(長野は8月ですが)。この時期、夏の大三角形や天の川が観測できますね。暑い日中の疲れを癒すように、星の本を読みながら夜空の星に想いを馳せてみてはいかがでしょう?





6月 「雨を読む」

今月の企画棚は「雨を読む」ということで、天候の本や、雨の描写がある本を集めました。

 6月は梅雨の季節ですね。じめじめどんよりした、動きにくい日が続くと思いますが、そんな時こそじっくり本を読むチャンスです。雨の音を聞きながら雨が降る描写を読むのは格別です。憂鬱な時間にこそ雨と文章に浸ってみてはどうでしょうか?





5月 「旅を読む」

今月の企画棚は「旅を読む」ということで、旅行の本や、行楽、旅に関するお話を集めました。

5月は気候も暖かくなりどこか出かけたくなりますね。時間のある方は外に出かける予定を旅行本でたて、あまり時間のとれない方は物語の中に旅行するのはいかがでしょうか?





4月 「本屋大賞を読む」

今月の企画棚は「本屋大賞を読む」ということで、歴代本屋大賞を集めました。

「舟を編む」や「海賊と呼ばれた男」の火付け役とも言える大賞ですが、今年度の受賞作品は果たしてどの本になるのでしょうか(私は「ランチのアッコちゃんを推します」)4月8日発表です。

それと同時に、テラソで本屋大賞を予想する投票も開催中です。みごと大賞を的中された方には、素敵なプレゼントを贈呈します。ぜひご参加下さい。(たくさんのご応募ありがとうございました!





3月 「3.11を読む」

今月の企画棚は「3.11を読む」ということで、東日本大震災関係書を集めました。
フィクションからノンフィクショッン、小説など、様々なジャンルの本を集めました。
いまだ傷痕が深い東日本、その時何が起こったのか、その後の復興はどうなのかなど、本を通じて触れてみてはいかがでしょか?





2月 「農業を読む」

今月の企画棚は「農業を読む」ということで、農業関係本を集めました。
スタッフがチョイスした本を、ジャンルごとに5つのコーナーで分けました。
この機会に農業の知識や物語に触れてみてはいかがでしょか?